青汁で花粉症を対策しよう!

花粉症対策

花粉症の方には、春先は大変きびしい季節です。
現在では、日本人の10人に1人が花粉症と言われ、しかも毎年増加傾向にあります。

 

ファンケルの青汁を飲んでいる人の中には、花粉症対策として飲まれている方もいます。

 

花粉症対策としての効果

 

「本当に効果があるの?」
と思われるかもしれませんが、実はファンケルが「花粉症に有効なケールの成分を特定!」という論文を、2007年に日本薬学会で発表しているのです。

 

ファンケルの資料によると、原料であるスーパー野菜の「ケール」には、鼻水や目のかゆみなどの症状を和らげる「特長成分(糖脂質の一種)」が含まれているのだそうです。

 

この特長成分が、花粉症の辛い症状を誘引するインターロイキン4(IL-4)という物質が体内で生産される量を抑えてくれます。

 

予防策として青汁を飲むということは、まだまだ広く知れ渡っているわけではありませんが、今後もう少し効果がハッキリしてきたら有効な対策方法として一気に認知される可能性は大きいと思います。

 

お薬を飲めない方のために

日本人がどれくらいの割合で花粉症になっているかご存知ですか?
最近では、何と日本人の3人に1人がそうなんだそうです。

 

そういえば明らかに周囲でも増えてきていますよね。
皆さん各自で対策を行っていますが、一番多いのが、

  • マスク

ですね。専用のメガネを使っている方もいます。

 

そして、鼻水やクシャミなどの症状を抑えるために、

  • アレグラ
  • アレロック
  • エバステル
  • ジルテック
  • ザイザル

などの専用のお薬を服用されている方も増えてきています。

 

  • 薬を飲めない
  • 薬を飲みたくない
  • 副作用が気になる

という方達の間で、花粉症対策にファンケルのケール青汁を飲み始めている方も多くなってきているのです。

 

「春先の花粉症の症状に悩まされたくないけど、お薬が飲めない!飲みたくない!」という方は、じっくりと取り組んでいきましょう!

 

対策として飲むならば

花粉症対策として青汁を飲み始めるのならば、春先になって症状が出てからでは当然、遅いです。
お薬ではないので、即効性を期待してはいけないと思います。

 

なので、現在、花粉症シーズンに入ってお悩みの方は、来年に向けて飲み始めるというような、それくらいの心構えで開始されるのが良いと思います!