妊婦さんは妊娠期間中に何を飲んでいるの?

他の妊婦さんがどんなものを飲んでいるか知りたい

妊婦にとって食事と水分補給は、日常生活で一番重要なものと言っても過言ではありません。

 

そこで困ってくるのは「食事よりも、むしろ飲み物」という方が多いですね。
なぜかというと、

  • アルコール
  • カフェイン
  • 炭酸

など、あれを飲んじゃダメだけど、これは飲んでいいの?と疑問点がたくさん思いつくのが飲み物の方だからです。

 

そこで、「他の妊婦さんがどんなものを飲んでいるのか知りたい!参考にしたい!」という皆さんの為に、妊婦さんが妊娠期間中にどんなものを飲んでいるのか調査してきました。

 

他の妊婦さんが飲んでいるもの

 

妊婦さんがよく飲んでいる飲物

妊婦さんが飲んでいるもので数が多かったものから紹介していきます。

 

冷たい飲み物の中では、

  • 麦茶
  • ノンカフェインコーヒー
  • 牛乳

などが多いです。

 

麦茶にはミネラルや鉄分が含まれているということもありますが「お金がかからない・飽きにくい」というのが人気の理由です。

 

コーヒー好きな人がノンカフェインコーヒーを。
牛乳も栄養価が非常に高いですので、牛乳が体に合わないという人以外にはおすすめですね。

 

温かい飲み物の中では、

  • ホットティー
  • ほうじ茶
  • ココア
  • コーンスープ

などの意見が多数でした。

 

寒い時期になると温かい飲み物で体を温めてあげると血流も良くなり、冷えの解消にもつながります。
適量をゆっくりと飲むようにしましょう。

 

おすすめの飲み物は?

まず妊娠期間中に飲み物については、神経質になるほど気にしすぎる必要はありません
カフェインもコーヒー1杯程度であれば赤ちゃんや母体に影響を与えることはまずありえません。

 

不安であれば産婦人科医に質問してみましょう。
おそらく、大体のお医者さんが珈琲1日1杯くらいだったら大丈夫と答えると思います。

 

私も色々な方に聞きました。
健診でお世話になっていたレディースクリニックの看護師さんや市の保健師さんは「一日に、5,6杯飲むのはよくないけれど、一日1杯くらいだったら大丈夫」というお話でした。

 

リラックスのために、少しだけならいいのかもしれないですね。
アルコールは駄目ですけどね。

 

ただし多量に摂取してしまうと影響を及ぼす可能性がありますので、常飲する飲み物については注意を払っておかなければなりません。

 

上記にあげているお茶などの飲み物の中であれば、どれもカフェインなどは入っていませんのでお勧めです。

 

お勧めしないものは?

上記にあげていない緑茶やウーロン茶などにはカフェインが含まれていますので、よく飲むものしては避けたほうがいいでしょう。

 

また緑茶にはカテキンが含まれており、殺菌効果や鎮痛効果が期待できるのですが、ビタミンB群や葉酸の摂取を阻害する働きがありますのでこれも常飲としてはあまりお勧めできません。

 

最近ではルイボスティーやマタニティハーブなど妊婦さんにお勧めの飲み物も販売されています。

 

ハーブティーの中には子宮の収縮作用や強い利尿作用などを引き起こす物質を含む場合もあります。
気になる場合はかかりつけの医師に相談した上で、普段の飲み物の中でレパートリィを増やしていってください!