毎日のように飲んでいた緑茶はどうする?

緑茶

妊娠前は、毎日のように緑茶を飲んでいました。
ですが、妊娠時には、病院の看護師さんからの指導でカフェインをとらないようにとの注意を受けました。

 

妊娠中の緑茶

 

妊娠中は特に、普段は、

  • 食べたい
  • 飲みたい

と思わなかったようなものが欲しくなったり、普段以上に強く食に偏りがでたりしました。

 

緑茶にはカフェインが入っているので、妊娠期間中は飲むことを避けているという妊婦の方も多いと思います。
私も緑茶をどれくらい飲んでも良いものなのか、自分でも調べてみました。

 

妊娠期間中に緑茶は飲んでいいの?

カフェインを大量に摂取することは胎児への悪影響なども考えられますが、少量もしくは適量の摂取であれば、

  • 利尿作用による体のむくみ解消
  • 覚醒作用によるだるさの解消
  • 消化の補助

など身体に悪いことばかりでもないようです。

 

気にしすぎて「緑茶を一切飲まないんだ」と神経質になっていると、逆にストレスや妊娠期間中の不安定な精神状態に拍車をかけてしまう場合があります。

 

なので、あまり気にしすぎずに、緑茶程度なら少し飲む程度なら体には問題ないと思うようにしていました。

 

一般的に言われていること

妊娠系の雑誌やネットでも、必ず「緑茶やコーヒーを飲んでもいいの?」という質問は掲載されています。
そこで、一般的に回答されている内容というのは「1日に1〜2杯程度なら問題ない」とされていることが多いと思います。

 

妊娠期間中でも、適量・少量の摂取であればカフェインも問題とはなりません。
ただし、取りすぎるのはやはり問題となることがありますので、食後のみなど、適量の摂取にとどめておいた方が良いですよね。

 

また、夏は冷えた緑茶を飲むことも多くなってくると思いますが、妊娠期間中は冷えたものは全般的にお勧めできません。
母体が冷えることで、赤ちゃんへの血流量が減るなどの危険があるからです。

 

妊娠期間中はただでさえ口にするものには過敏になるもだと思います。
お茶の種類や飲み方などに気をつけて水分を積極的に摂取するようにしましょう!

 

お勧めのお茶

妊婦さんは赤ちゃんの栄養や水分まで提供しなければいけませんので、水分摂取は意識的に行わなければなりませんよね。
しかし、水道水や白湯ばかりを飲むというのも飽きるでしょうし、コーヒーなどは緑茶よりもさらにカフェインのことが気になります。

 

他にもおすすめしたいのがルイボスティーです。
ごくごく少量のカフェインが含まれている場合がありますが、これらも原則ノンカフェインなお茶です。