妊婦が飲まない方が良いもの

妊娠期間中に常飲しない方がよいもの、絶対に避けるもの

妊娠期間中には避けたほうがよい飲み物を紹介していきます。

 

中には子宮の収縮に強く作用してしまい流産の可能性を高める物質を含むものもありますので、そういった飲み物には注意が必要です。

 

常飲しない方がよいもの

三角

まず日常的に飲む可能性が高いものの中では、

  • コーヒー
  • 緑茶
  • ウーロン茶

は避けたほうがいいでしょう。

 

コーヒーには興奮覚醒作用のあるカフェインを含み利尿作用を促します。
体内の血流が少なくなってしまうとお腹の中の胎児へ血液を運ぶ能力が鈍り、赤ちゃんへ悪影響が出る可能性があるといわれています。

 

学説としては影響がでないという説もあれば、最悪の場合は流産も起こるという説を唱えるものもあります。
「飲んだら絶対にそうなる」というものではないので、心配しすぎることも良くありません。

 

緑茶にもカフェインは含まれていますが、それ以上に「カテキン」に注意が必要です。
ビタミンBや妊娠期間中に重要や栄養素と言われる葉酸の体内への吸収を阻害する働きを持つためです。

 

もちろんコーヒーも緑茶も少量飲む程度であれば問題ありません。
常飲として大量に摂取してしまうと悪影響が出る可能性があるというものなので、気にしすぎてストレスを貯めるほうが問題です。

 

常飲の飲料水として選ばない程度に気をつけておきましょう。

 

極力摂取を避けたほうがよいもの

バツ

先ほどは日常的に大量に飲むことを避けたほうがいい飲み物を紹介しましたが、次は「妊娠期間中には出来るなら飲まないほうがいい物」を紹介したいと思います。

 

確実に避けておいて欲しいものの一位は「アルコール」です。
アルコールは胎盤を通じて赤ちゃんへ摂取されてしまいますので極力避けるようにしましょう。

 

母体がアルコールを摂取しすぎると「胎児性アルコール症候群」の危険性が高まります。
胎児に発達障害や行動障害が出る危険がありますので、お酒が好きな人でも飲んで食前酒程度、基本的には飲まないことをお勧めします。

 

またハーブティーの中にも摂取しないほうがいいものがあります。

  • セントジョーンズ
  • ワートサフラン
  • ローズマリー

などは子宮を収縮させる作用がありますので摂取を控えましょう。
これらはアロマテラピーの精油として使用する時にも気を付けて下さい。

 

何を飲んでよくて何を飲んではいけないのかという明確な線引きというものは存在していません

 

少量を飲むのであれば胎児への影響は、ほとんどありませんが妊娠期間中は何事にも敏感になりがちです。
ストレスを感じないで済むような方法で普段の飲み物を選ぶようにしてくださいね。