栽培方法の安全性はどうなの?

産地保証された国産ケール100%だから安全

健康のために飲む青汁だからこそ、

  • 原料の産地の安全性
  • どのように栽培されているのか?

まで厳しくチェックする必要があると思います。

 

安心に飲めるからこその青汁ですよね。
それでは、当サイトで紹介しているファンケルについてはどうでしょうか?

 

産地はどこ?

青汁の原料には「ケール」というお野菜が使われています。
ファンケルの場合、そのケールについて産地保証をしており、

  • 愛媛県
  • 鹿児島県
  • 長野県

の国内にある契約農家で栽培されたものを100%使用しているので安全面に関しては信頼性が高いと思います。

 

信頼できる国産の契約農家

 

「国産であること」と、それに加えて、市場から国産ケールを購入しているというわけではなく、ファンケル側がきちんと栽培方法まで管理を行っている「契約農家で育てられている」という点がポイントです。

 

中嶋農法という栽培方法

さらに「中嶋農法」という栽培方法で行われています。
中嶋農法とは、理学博士の中嶋常允さんが開発した農法で、畑で作物を栽培するためには「まずは健全な土でなければならない」との考えが基本となっています。

 

具体的には「土壌分析」や「土の健康診断」が行われ、安全に管理された畑で作物が栽培されるということなんです。

 

ファンケルは原料に関して、国産であるという産地保証をしていますが、ただ国産ということを保証しているだけでなく、栽培方法にまで安全性を追求してくれています。
なかなか信頼できる安心感のある会社ですよね。

 

有機農法

その他の青汁の主原料である大麦若葉も、ほとんどの場合が化学肥料を使わない有機農法によって国内で栽培されています。

 

化学肥料を使わないというのは、栽培する側にとって本当に手間がかかることです。
なぜなら当然、作物に虫などがつきやすくなるし、病気にもかかりやすくなるからです。

 

実際に、農家の方々がどのように栽培をしているかと調べてみると、手作業で虫をとるなどの大変な苦労をかけて大事な作物を守っています。

 

現在、私達が安全な青汁を飲める環境が整っているのも、そうした農家の方々の努力によるものなんですね。

 

特に大手メーカーの青汁に関しては、

  • 化学肥料不使用
  • 国産

という条件を満たしている商品ばかりです。

 

青汁を選ぶ側の私達としては、農家の方々の苦労に応えるためにも「原料の栽培に化学肥料が使われていないかどうか?」を最低限チェックしてする必要がありそうです。

 

青汁に限らず健康食品は原材料までチェックする習慣をつけると、より良い商品が探し出せるようになります。