野菜をたくさん食べるのは難しい!

食べるより飲む方が効率的

野菜不足を解消するために青汁を飲まれている方も多くいらっしゃいます。

 

当サイトがファンケル青汁を飲まれている340人の方の口コミを調査したところ「野菜不足を補うために飲んでいる」と答えられた方は3番目の多さでした。

 

野菜不足を補うために

 

皆さん、現状の、

  • ビタミン不足を解消したい
  • 食生活を改善したい

と感じているストレスは、かなり大きく、市販のベジタブルジュース等では物足りなさを感じている方が、次のステップとして飲み始めているようですね。

 

1日に食べなければいけない量がストレス

1日に必要な野菜の量は350g〜400g程度と言われています。
この量は毎日、必ず摂取しようと思ったら、結構、大変な量なんです。

 

1日の野菜の量

 

これは、お惣菜屋さんやコンビニなどの市販のサラダやファミリーレストランのサラダが約100グラムだとすると、それを1日に3〜4皿も食べなければならない計算になります。

 

よほど恵まれた環境にいないと、それだけの量を毎日食べるという食生活は不可能ですよね。

 

今後はステーキで考えると、100グラムでお腹イッパイになってしまいますよね。
それを野菜で換算すると、現実的に300グラム以上食べるのは不可能に近いということがわかると思います。

 

ましてや、忙しい方や一人暮らしの場合ですと、1日に野菜を食べることすらできていない状態が多いのが現実です。
だから、私たちは常にビタミン不足を感じてしまい、十分な野菜を食べられていないというストレスを感じてしまうのです。

 

青汁なら簡単!

ですが、1日に必要な野菜の摂取量は、青汁に換算すれば1日に2杯飲めばクリアできてしまいます。

 

青汁+他に野菜を食べるとすれば、1日に1杯でも大丈夫です!
これなら、忙しい方や一人暮らしで野菜を用意するのが難しい方にも継続可能ですよね。

 

青汁と同じ栄養の分だけ野菜を食べるとなると大変(キャベツやトマトなど他の一般的な野菜に比べて数倍の栄養素がある)ですから、素直に青汁を活用するのがお勧めです。

 

食べるより飲む方が吸収される

それに、体内での栄養素の吸収率は食べるよりも飲んだ時の方が抜群に良いのです。
※栄養素によっては、野菜を食べた場合には、吸収率がそれほど高くないものもあるのです

 

しかも、ケールの青汁には、代表的なビタミンやミネラル以外にもさまざまな栄養成分が含まれています。
同じ分だけの栄養を摂取しようと思ったら、さらに、かなり多くの種類の野菜を用意しなくはならないことになります。

 

野菜は食べるよりも飲む方が、現代に適したスタイルだと思います。