コーヒー大好きな妊婦さんにお勧めのノンカフェイン

たんぽぽコーヒー

妊娠してお腹の中にお子さんがいれば、やっぱりカフェインの取り過ぎは気になるところです。
カフェインを摂取しすぎてしまうと胎盤を通してカフェインの成分がお腹の中の赤ちゃんに取り込まれてしまいます。

 

胎児への負担

 

赤ちゃんの臓器はまだまだ未完成ですからカフェインなどを分解する力も弱い為、身体への負担が著しく増してしまいます。
またカフェインは母体のアドレナリン分泌を活発化させ血流などを低下させます。

 

その結果、赤ちゃんへの酸素や栄養素などの発達障害や発育障害に発展してしまう可能性まであるのです。

 

妊娠期間中にはコーヒーを絶対に飲んではダメなのか?
というとそんなことはありません。

 

カフェインの濃度が低いものやノンカフェインのコーヒーであれば母体への影響も少なく、安心してコーヒーを楽しむことができます!

 

おすすめはたんぽぽコーヒー

コーヒーといえば珈琲豆を原材料に考えがちですが、原材料がたんぽぽの根で出来ているコーヒーがあります。
名前のままですが「たんぽぽコーヒー」と呼ばれています。

 

タンポポコーヒー

 

たんぽぽの根が原材料とされコーヒーと違いカフェインが一切含まれていません。

 

また中国では生薬とともに飲まれるほど健康によく、肝臓や便秘にも効果的だといわれています。
妊娠すると便秘などにもなりやすいので、妊婦の皆さんにはたんぽぽコーヒーがとってもおすすめです。

 

どこで売ってるの?

たんぽぽコーヒーは最近では有名になってきましたが、まだまだどこでも取り扱っている商品というわけではありません。
大手のドラッグストアやお茶を販売しているところでは、おそらく取り扱っているでしょう。

 

ですが簡単に入手できるのはインターネット販売です。
種類はいくつかあるのですが、製品への信頼性なども重要なので当サイトで紹介しているものを、まずはチェックしてみてください。

 

口コミ

ネットで探す時は、口コミなども参考にして自分にあった風味、口当たりのものを探してみましょう。

 

本当の珈琲ではないので、

  • 代替品として満足
  • 飲んでたら美味しくなった
  • まったく満足できない

と色々な反応があります。

 

知人の口コミ

たんぽぽ茶、たんぽぽコーヒーについては、ノンカフェイン飲料について調べたときに初めて知りました。
その後、ベビー用品の販売店に行ったときに、たんぽぽコーヒーが売っているのをみかけたので、興味本意で買ってみることにしました。

 

久々にコーヒーを飲んだという気になれました。
ただ、やはり「普段飲むコーヒーの味とはちょっと違うかな」とも思いました。

 

けれど、ハーブ系の紅茶よりもすんなり受け入れられました。
味よりも、コーヒーを飲めたというのがなんだか嬉しかったです。

 

自分でも作れる?

たんぽぽコーヒーは原材料が「たんぽぽ」なので自分で作ることも可能です。
ネットで探せば作り方もわかります。

 

手間隙をかけて自分で作るコーヒーも味があっていいかもしれませんね。

 

クライス社

家にいる時はタンポポコーヒーが良いですが、職場など家以外の場所で過ごすときは、インスタントのカフェインレス飲料が重宝します。

 

私の職場は、

  • ポットのお湯
  • 緑茶
  • コーヒー
  • 紅茶

が常備されていましたが、どれもカフェインが気になって飲めませんでした。

 

そこで、私は、手軽に飲める

  • カフェインレスのインスタントコーヒー(クライス社製・西松屋で購入)
  • 昆布茶

などを飲んでいました。

 

クライス社のカフェインレスのインスタントコーヒーは、しっかりとコーヒーの香りが残っているので、カフェイン中毒ぎみの妊婦さんにはお勧めです。

 

ただノンカフェインではありません。
基本はカフェインゼロの「たんぽぽコーヒー」や「ルイボスティー」を軸にしていくのが良いと思います。