身体を温めてくれるノンカフェインなホッとドリンク

温かい飲み物

妊娠期間中に体を冷やすのは血流を妨げるので赤ちゃんの為にはあまりよくありません。
なので妊婦の間は、なるべく「温かい飲み物」や「少し冷ましたぬるめの飲み物」を中心に飲むようにしましょう。

 

妊婦が飲む温かい飲物

 

温かい飲物のメリット

温かい飲み物を飲むことは妊娠期間中にとても良い効果があるといわれています。
まずは体を温めることで妊娠期間特有の冷え性をやわらげてくれます

 

ホルモンバランスの崩れから来る冷え性なので、普段冷えが気にならない人でも妊娠期間中には冷え性となる方は非常に多いのです。

 

また冷え性は初期の「つわりの悪化」や血流が滞ることによる「お腹の張りや便秘」産後の母乳の出にまで影響を及ぼすこともあります。

 

ただ温かい飲み物を飲むのではなく、

  • 体にいいもの
  • ノンカフェインであるもの
  • 精神的にリラックスできるもの

など自分にあった温かい飲み物を飲むことをお勧めしたいと思います。

 

ホットティーとしてお勧めなルイボイスティーやたんぽぽ茶

では実際に温かい飲み物はどんなものを飲めば良いのでしょうか?
お勧めしたいのがルイボスティーやたんぽぽ茶です。

 

ルイボスティー

まずルイボスティーですが、これは最近妊婦さんの間で人気が急上昇している健康茶となります。
ノンカフェインはもちろんのこと妊娠期間中に気になる便秘などにも効果的です。

 

精神安定物質も含まれているので妊婦さんのいらいらなどもやわらげてくれます。

 

たんぽぽ茶

コーヒーが大好きという妊婦さんのためにお勧めなのが「たんぽぽ茶」です。
通常の「たんぽぽ茶」と「たんぽぽコーヒー」の2種類があります。

 

これはたんぽぽの根を乾燥させて煎じたものになります。
便秘などにも効果的といわれていますが、たんぽぽは生薬として使われることも多く肝臓機能などの改善効果もあります。

 

ホットレモン・ホットミルク

他の温かい飲み物としてはホットレモンやホットミルクなどもあります。
ホットミルクなどは自分の好みに合わせてチョコレートやシナモンを合わせて飲むことで汎用性がうまれます。

 

しかしながら普段飲まない方が飲んでしまうと体に合わず下痢になることもありますので自分の体質に合わせて飲み物を選びましょう。

 

妊娠期間中は飲み物にも気を使うとは思いますが、気にしすぎることなくストレス軽減の目的などとも重ねて温かい飲み物を摂取していきましょう。