ウォーターサーバーの放射線チェック

放射線検査済み!安心ウォーターサーバー

これまでは、水道水ではなく、

  • スーパーにある無料の「ろ過水」
  • ペットボトルのミネラルウォーター

を使っていたけど、妊娠をキッカケとして、その習慣が崩れてしまう方は多いです。

 

なぜなら、スーパーの水は持って帰ってくる時が重いので、身重の身体では無理ですし、
ペットボトルも、購入したり、空き容器の処分をしたりというのができなくなってくるからです。

 

そういった方に人気なのがウォーターサーバーです。
ウォーターサーバーであれば、「昼間、旦那さんがいない時に何か重たいものを運ばなければいけない」というようなことがありません。

 

便利なウォーターサーバー

 

また、出産してからも、

  • 調乳(特に夜中)
  • 離乳食

でウォーターサーバーが大活躍しているという話はよく聞かれるかもしれません。

 

非常に便利なウォーターサーバーですが、妊娠期間中にお申込みする場合は、特に気にして頂きたいのが「お水の産地」や「放射性物質の検査状況」です。

 

私たちの身近な心配材料になってしまった放射能

東日本大震災による福島第一原発の事故により、放射線に関して私たち消費者は非常に敏感に反応するようになりました。

 

特に食べ物や飲み物についての影響はどうなのか?
というのは私たちの生活に直結しますので、お水や食べ物の産地に関しては慎重に選びたいというのが本音です。

 

放射性物質の影響

まず放射能について、

  • どの程度影響があるのか?
  • 何が問題なのか?

ということから整理してみたいと思います。

 

よく混同されている方がいらっしゃいますが、食べ物や飲み物から被爆する可能性は、ほぼありません。

 

特定の強い放射線量を観測する地域で長期間放射線を浴び続けなければ、被爆することはありませんのでこの点は安心して良いと思います。

 

私たちが一番気にするのは放射線・放射性物質が、水や食べ物に付着しそれを体に摂取することによる影響です。

 

これらが体内に摂取されてしまうと長期間放射線を浴び続けることにより、影響が出やすくなることが考えられますが、放射性物質が混入する可能性も非常に低いとされますので気にしすぎる必要はありません。

 

ウォーターサーバー各社の対応

ウォーターサーバーを管理する上で、各社とも製造過程から不純物は完全に除去しています。
その上でさらに安心を提供するということで放射線チェックを自前で行っている会社もあります。

 

こういった意識の高い管理をしているウォーターサーバー会社からミネラルウォーターを選ぶと良いと思います。

 

どこでレンタルする?

ウォーターサーバーレンタルの会社で代表的なものは「クリクラ」や「アクアクララ」などがあります。
多くの人が使っているという点は一つの安心の指標となります。

 

アクアクララには「ベビアクア」といった赤ちゃんの為に作られたミネラルウォーターなどもありますので、妊婦の方や小さなお子さんがいる家庭にもおすすめです。

 

クリクラなどはお試し期間もありますので、自分に合っているのかを実際に体験できるというのも大きいですよね。

 

選ぶ時のコツ

ウォーターサーバーを選ぶ際には、

  • 放射線のチェックについてどんな取り組みをしているのか?
  • ミネラルウォーターの産地・製造方法

などよくチェックしておく必要があります。

 

その上で、

  • 値段
  • 配送の手軽さ
  • 各社独自の強み

などを参考にしつつウォーターサーバーを選んでいきましょう!