葉酸は妊娠前、妊婦さんに人気の栄養素

妊娠前から青汁で葉酸摂取しよう!

ファンケル青汁を飲んでいる313人の女性のうち、少なくとも12名の方が妊娠中にも飲まれています。

 

女性にとっての青汁

 

「妊婦が飲んでも大丈夫なの?」
と思われるかもしれませんが、ファンケル青汁には「葉酸」という栄養素が含まれていて、これが厚生労働省も妊婦さんが摂取した方が良いと発表している栄養素なんです。

 

葉酸とは、胎児の細胞が増殖するのを助けてくれる栄養素のことで、この成分を摂取することで、胎児が重度の神経管閉鎖障害等の先天異常を発症するリスクを低減してくれます。

 

逆に不足すると胎児が重度の神経障害を負ってしまう可能性が高まってしまうのです。
また、流産や死産にいたってしまうこともあります。
厚生労働省ホームページより

 

そういった理由に加えて、妊娠中のビタミン補給や健康のことを考えてファンケルを飲む方が増加中です。

 

1日に400ugまで!

葉酸が妊婦さんに良いということはわかりましたが、1日どれくらいの量を摂取したら良いのでしょうか?
これは厚生労働省の基準によると、

  • 量は1日に400ug(マイクログラム)まで

となっています。

 

ちなみに400ugいうのは、違う単位で0.4mg(ミリグラム)と書かれることもあります。

 

ファンケル青汁だと1日に何杯?

それでは1日400ugまでの葉酸とは、ファンケルだと何杯分ということになるのでしょうか?

 

ファンケルのケール青汁1杯分(100g)には120ug葉酸が含まれています。
3杯飲むと360ugとなり、1日の摂取量の上限となる400ugになってしまいますね。

 

というわけで、妊娠中の女性が飲む場合は、1日に最高で3杯まで。
実際は他の食事でも摂取しますので、1日1〜2杯で十分ではないかと思います。

 

必要な時期

妊婦さんが葉酸を摂取した方が良い「時期」についても決まっていて、これも同じ厚生労働省の発表資料によると、

  • 妊娠1ヶ月前(4週前)〜胎児の細胞分裂が活発になる3ヶ月(12週)までの妊娠初期

となっています。

 

妊婦さんは葉酸を摂取しよう

 

女性は妊娠1ヶ月前から摂取して、計画的に身体作りをしておいた方が良いのですね。
あなたのまわりでご懐妊された方がいたら、ぜひ教えてあげましょう。

 

妊娠時の葉酸が、母体やお腹の赤ちゃんに良い効果を与えるということは、まだまだ知られていない知識ですからね。
教えてあげるだけじゃなくて、プレゼントしてあげるもの良いと思います。